こんにちは。

セールスコピーライターの伊津です。

 

この記事では『Googleフォーム』を使って、メルマガリストを取得する方法を分かりやすく解説します。

 

メルマガをやるに当たって、リスト(見込み客のメールアドレス)は必須です。

ですが、特にメルマガ初心者の場合、「どうやってリストを集めるのかがそもそも分からない」と悩んでいる人が多いのではないでしょうか?

 

この記事の手順通りに『Googleフォーム』でリスト取得フォームを作ることで、とりあえずリスト取得の入り口は作ることができます。

Googleフォーを使えばとても簡単にフォームを作れるので、ぜひこの記事を最後まで読んで、実際にあなただけのリスト取得フォームを作ってみましょう。

 

 Googleフォームとは?

Googleフォームは文字通り、Googleが提供しているフォーム作成サービスです。

Googleのアカウントさえ持っていれば、誰でも簡単にフォームを作成することができます。

 

Googleフォームでは、もちろん読者のメールアドレスを設定項目にすることができるため、メルマガのリスト取得フォームとして使うことが可能です。

他のフォーム作成サービスに比べて、自由に項目を設定することができるのが魅力的ですね。

 

Googleフォームの使い方

ここからは、Googleフォームを使って、リスト取得フォームを作るまでの具体的なステップを画像付きで、分かりやすくご紹介します。

 

1、Googleフォームのページへ移動

下記のリンクをクリックして、Googleフォームのページに移動します。

Googleフォーム

 

2、『Googleフォームを使う』をクリック

Googleフォーム作成1

画面の真ん中にある青いアイコン『Googleフォームを使う』をクリックする。

 

3、新しいフォームを作成

Googleフォーム作成2

『新しいフォーム』から、任意のフォームを選択します。

基本的には『空白』のフォームを選んでおけば、問題ありません。

 

4、フォーム名、説明を設定

Googleフォーム作成3

自分のフォームの名前を設定します。

 

自分で管理するときはもちろんのこと、読者がリストに登録する際にも表示されるので、なるべくわかりやすい名前をつけてください。

自分のメルマガのタイトルが既に決まっているのであれば、メルマガタイトルをそのまま使うのがおすすめです。

 

また、このフォームがどのようなものなのかが分かるように、概要を説明欄に書いておきましょう。

 

5、入力項目を設定する

Googleフォーム作成4

ここでやるべきことは、

  1. 質問項目の数だけ、リストの数を追加する
  2. 質問項目の名前を記入
  3. 入力形式の設定

の3つです。

 

質問項目の数だけ、リストの数を追加する

まずは、フォームに入力してもらう数だけ、質問リストを作ります。

やり方は、画面右側にあるプラスマークやTマークの欄の中の、『プラスマーク』をクリックすると、質問項目の数を増やすことができます。

 

質問項目の名前を記入

入力してもらう項目の名前を記入します。

今回の例では、『名前』と『メールアドレス』の2項目を記入してもらうフォームを作成します。

 

入力形式の設定

質問項目に適した回答の形式を用意します。

今回は、『文章+比較的短い文量』を記入してもらうため、記述式(1行だけ記入ができる欄)を使用します。

 

Googleフォーム作成5

入力項目の形式は、上図のように質問項目の名前の横にある灰色の欄から変更できます。

 

6、必須項目の設定

必須項目の設定

各記入欄の右下に、『必須』という箇所があります。

必ず記入をしてもらう項目に関しては、必須という項目の横にあるバーをクリックして、丸マークが右側(紫色になります。)になるように設定しておきましょう。

 

7、メールアドレスの記入間違いを防ぐ

いくらフォームを作っても、読者がメールアドレスを間違えて記入してしまっては意味がありません。

完全にメールアドレスの誤記入を防ぐことはできませんが、ある程度ミスを予防することは設定により可能です。

 

誤記入の防止

設定の手順は以下の通りです。

  1. 右下にある『・・・』マークをクリックする。(上記画像では、隠れてしまっていますが…)
  2. 『回答の検証』を選択
  3. 数値→テキスト、次より大きい→メールアドレスにそれぞれ変更。

これで少なくとも、メールアドレスと認められない記入(@がないもの)によるミスを減らすことができます。

 

8、プレビュー画面で、フォームの確認をする

Googleフォーム プレビュー

画面右上にあるアイコンのうち、真ん中にある『目のアイコン(プレビュー)』をクリックしてください。

現在のフォームを、読者視点で見た時のプレビューを確認することができます。

 

自分の想定通りのフォーム担っているかを、必ず自分の目で確認しておきましょう。

 

9、フォームのリンクを発行する

プレビューで確認して特に問題がなければ、いよいよフォームのURLを以下の手順で発行します。

 

Googleフォーム URL発行

前述したプレビューなどのアイコンの右側にある『送信』ボタンをクリックする。

表示された画面の『送信方法』の真ん中にある『鎖ボタン(リンク)』を選択。

 

表示されているリンクが、フォームのURLです。

URLが長いと感じる場合は、『URLを短縮』にチェックを入れることで、短いURLに変更することができます。

 

このURLを、自分のブログやSNSに設置しておけば、あなたのメルマガに興味を持った人がリストを残してくれるようになります。

 

Googleフォームで集めたリストを整理する

ただし、このままでは、Googleフォームに個別にリストが集まるだけ。

どうせなら、一括でメールアドレスをどこか一箇所に集めておくことができたら便利ですよね。

 

そこで、Googleフォームで集めたリストを、Googleスプレットシート (エクセルみたいなやつ)に一括でまとめる方法をご紹介します。

 

1、フォームの管理画面から『回答』タブをクリック

リスト スプレットシート1

これまでのフォーム編集は『質問』タブで行なっていました。

その右側にある『回答』タブをクリックしてください。

 

2、スプレットシートを新規で作成

リスト スプレットシート2

以下の手順に従って、スプレットシート を作成してください。

  1. 回答タブを開いて右側にある『緑に白十字』のボタンをクリックする。
  2. 新しいスプレットシートを作成を選択し、リストを集約するシートの名前を記入する。
  3. 右下の『作成』をクリックする。

 

3、スプレットシートを確認する

リスト スプレットシート3

しっかりと設定ができていれば、上記のようなシートが作成されているはずです。

一度スプレットシート を作れば、今後はフォームへの登録があり次第、自動で更新されます。

 

このシートを使えば、これまでに集めたリストを一括で確認することができます。

メルマガスタンドにリストを移す時も、手間なく短時間で移せるようになりますね。

 

Googleフォームではメルマガ配信ができない

Googleフォームは、基本的に『フォーム』を作るためのツールです。

そのため、Googleフォーム自体から、メルマガを配信することはできません。

 

Googleフォームで集めたリストにメルマガを配信するためには、別途『メルマガスタンド』を用意する必要があります。

 

※スプレットシートでプログラムをいじれば、自動返信メールを設定することができます。

ただ、ここまでくると、初心者レベルの内容ではないので、混乱を避けるためにも、自動返信設定の説明はあえて割愛します。

 

その他のリスト取得フォーム

Googleフォーム以外にも、下記に紹介するツールを使って、リスト取得フォームを作ることができます。

自分の用途や好みに合わせて選ぶのが良いでしょう。

 

フォームメーラー

フォームメーラーは、簡単に便利なフォームを作ることができるツールです。

無料で5つまでフォームを作成することができ、入力項目も7つまで設定できるため、普通にメルマガリストを集める分には十分な性能です。

 

ただし、Googleフォーム同様、フォームメーラー単体ではメルマガ配信ができません。

「メルマガを今やるつもりはないけど、将来のためにリストは取っておきたい」という人にオススメです。

 

フォームメーラーの使い方やフォームの作成方法は、別の記事で詳しく解説しているので、興味がある方はぜひ一読して見てください。

 

 

オレンジメール

オレンジメールは、無料プランがあるメルマガスタンドです。

100リストまでは無料でメルマガを使えるので、フォーム作成〜メルマガ配信まで、これ一つで完結できます。

 

メルマガに必要な機能は一通り揃っているので、メルマガを試しに始めてみたい人におすすめです。

 

 

 

 

MyASP

僕が使っているメルマガスタンドが、MyASP(マイスピー)です。

設置費が必要なく、月額の使用料だけで使うことができるので、試しに本格的なメルマガスタンドを使ってみたい人にとてもおすすめです。

 

プランはいくつかありますが、最初は一番安い『ビギナープラン』で十分です。

 

幾つでもシナリオを作ることができるので、複数のメルマガを運営するのも比較的簡単です。

また、PayPalとの紐付けもできるので、メルマガスタンドだけで有料商品の決済などができるのも便利な点といえます。

 

エキスパ

有料のメルマガスタンドの中でも『一番無難』と言われているのが、エキスパというメルマガスタンドです。

MyASPに比べて、月額の利用料はやや安いものの(プランによります)、最初に別途5000円の設置費がかかります。

 

個人的には、今から改めてメルマガをやるなら、前述したMyASPかエキスパのどちらかを使うかなという印象です。

どのメルマガスタンドを選べばいいか分からない!という人は、とりあえずエキスパを選んでおけば間違いありません。

 

Googleフォームでリストを集める方法 まとめ

今回は『Googleフォームの使い方』について解説しました。

 

Googleのサービスという点で、信頼性の高さには定評があります。

しかし、Googleフォーム単体では、メルマガを配信できないことを考えると、最初からメルマガスタンドのフォームを使った方が最終的には手間が少ないという印象です。

 

ただし、スプレットシート と連携など、Googleサービスならではの使いやすさや、各種サービスとの互換性は魅力的です。

「今ではないが、いずれメルマガをやってみたい」という方は、今のうちから簡単に作れるGoogleフォームで、リストだけでも取っておくのが良いでしょう。

 

 

 

最後まで読んでくれてありがとうございます。

この記事が「面白かった・役に立った」と感じたら、シェアをお願いします!

 

 

セールスコピーライター

伊津大輝



毎日更新の無料メルマガ配信中

今すぐ下記の画像をクリックして、無料でメルマガに参加してください

▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼