んにちは。

セールスコピーライターの伊津です。

 

もしも、「読者が大量に集まる記事ネタの見つけ方」というものがあったら、知りたいですか?

 

実は、アクセスの集まる記事と、誰にも読まれない記事には、ある明確な違いがあります。

この違いを理解して、自分がブログ記事を書くときに意識できるようになれば、あなたのブログにもアクセスが集まるようになります。

一躍、有名ブロガーの仲間入りですね!

 

月間10,000アクセス以上を目指したい人は、絶対に押さえておくべきポイントなので、この記事を最後までしっかり読んでください。

 

ブログのアクセスが集まる記事の特徴

クセスが集まる記事、集まらない記事。

その違いは色々とありますが、最も違う点は『文章の視点』にあるんです。

 

「文章の視点ってどういうこと?」

 

簡潔に言います。

 

  • 残念なブログ記事:自分視点で記事を書く
  • 人気のブログ記事:読者視点で記事を書く

 

残念なブログ記事は、『自分が伝えたいこと』を記事にしてしまっているという大きな過ちを犯しています。

逆に、人気のブログは、『読者が聞きたいこと』を記事にしているんです。

 

この違いは、小さいようでものすごく大きい。

 

読者の”本当に聞きたいこと”を探り当てる『裏技』を、以下の記事で紹介しているので合わせて読んでみてください。

 

 

読者はなぜブログを読むのかを考えよう

もそも、なぜ読者はあなたのブログを読むのしょうか?

理由は大きく分けて2つあります。

 

  1. 自分の知りたい情報を得るため
  2. その人の情報発信を受け取るため

 

まずはこの2つを頭に入れておいてください。

それぞれの『読む理由』について、この後に詳しく説明していきます。

 

自分の知りたい情報を得るため

の中の読者の8〜9割は、『自分の知りたい情報を得るため』にブログを読んでいます。

あなたが今実際にこの記事を読んでいるのも、「アクセスの集まる記事の書き方を”知りたい”」から読んでいるのはないでしょうか?

 

仮に、この記事が「僕の昨日の昼ごはん」の内容だったら、そもそもこの記事を読む気すら起きませんよね。

(ちなみに、昨日の昼ごはんは「焼きそば」でした。笑)

 

読者があなたのブログを読んでくれるということは、少なからずそのブログに「自分の知りたい情報があるんじゃないかな?」という期待を持っています。

その期待に答えてあげるのが、いわゆる良い記事だというのはなんとなく分かりますよね。

 

その人の情報発信を受け取るため

者がブログを読むもう一つの理由は、『その人の情報発信を受け取るため』です。

とは言っても、こちらはそれほど割合は多くありません。

 

代表的なのが、インフルエンサーのブログ投稿。

 

例えば、今でいうと

  • ホリエモン
  • 落合陽一
  • イケハヤ
  • ゆうこす
  • はあちゅう

彼ら彼女らのブログなんかが、これに当たります。

 

このようなインフルエンサーのブログは、どんな情報が発信されているかに関係なく、『その人のブログだから読む』という層が一定数います。

 

このような場合、読者は「情報」じゃなくて、その人自身に興味があってブログを訪れるわけなので、別に「読者の知りたい情報を発信する」ことにこだわる必要はありません。

自分の発信したい情報を記事にするだけで、かなりのアクセスを集めることもできる。

 

ただし、このやり方が通用するのは、すでにある程度知名度がある人に限られます。

少なくとも、ある程度知名度を手にするまでは、こっちの戦術は基本的に考えないほうがいいでしょう。

 

ブログのアクセス数は検索意図に比例する

ころで、『検索意図』っていう言葉を知っていますか?

検索意図というのは、『その人がどんな情報を知りたくて検索をするのか』という意味です。

 

例えば、[東京 レストラン 美味しい]と検索する人は、東京にある美味しいレストランを探していることが想像できますよね。

[ダイエット 運動 嫌い]という検索キーワードなら、きっとその人は運動せずにダイエットできる方法を探してるに違いないです。

 

このように、検索意図を意識しながら記事を書くことで、結果的に『読者が知りたい情報を提供できる』ようになるのです。

読者が知りたい情報を提供できるブログは、読者にとって役に立つブログと言えるでしょう。

 

だから、検索意図を意識することで、じわじわとアクセス数も増えていく

アクセスを伸ばしたければ、『検索意図』を意識しましょう。

 

ちなみに、この検索意図を『記事タイトル』に使うことで、より多くのアクセスが集まるようになります。

読者が思わずクリックしてしまう『記事タイトルコピー』の作り方は以下の記事を参考にしてください↓

 

 

読者の知りたいは3タイプ

こまでの話は、結局のところ「読者の知りたいことについてブログ記事を書こう」ということでした。

では、その「読者の知りたいこと」って具体的にはなんだと思いますか?

 

実は、読者が知りたい情報というのは、大きく3つに分類されています。

  • 知りたい
  • 行きたい
  • やりたい

それぞれの検索意図について、詳しく解説します。

 

知りたい

も基本的なのが、ズバリ『知りたい』というニーズです。

例えば、

  • コピーライティングって何?
  • ブログにアクセス集める方法は?
  • 美味しいラーメン屋さんは?

これらは全て「知りたい」という検索意図があるよね。

 

知りたい=それについてまだあまり知らないということだから、『知識』を提供してあげることで、読者を満足させることができます。

ちなみに、この記事は主に「アクセスを集める記事の書き方を”知りたい”」という検索意図を想定して書いています。

 

行きたい

つ目の検索意図はズバリ『行きたい』というニーズです。

 

例えば、

  • ディズニーランドまでの行き方
  • 舞浜駅までの行き方

これらのニーズに答えることも、検索意図を意識して記事を書く際に重要なポイントになるでしょう。

『行きたい』に関しては普通に「目的場所までのアクセス」などを丁寧に書いてあげることでニーズを満たすことができるので、これ以上説明する必要もないでしょう。

 

やりたい

ほど、『知りたい』というニーズを紹介しました。

その先に来るのが、この『やりたい』というニーズです。

 

例えば、

  • ブログの立ち上げ方
  • ホットヨガのやり方
  • 運動しなくて良いダイエット法

 

これらはの検索意図に共通するのは、『やりたい』というニーズがあるということ。

このようなニーズに答える場合は、やり方をステップ形式でわかりやすく伝えてあげると、読者に喜んでもらえるでしょう。

 

ブログのアクセス増加に直結する3つのポイント まとめ

日は『ブログにアクセスが集まる記事の書き方』についてご紹介しました。

 

結論としては、「徹底的に読者の知りたいこと(=検索意図)に答える記事を書こう」ということです。

ブログは基本的に『問題の解決辞典』を目指すのが、一番安定してアクセスを稼げると言われています。

 

その際のポイントとして、前述した3つの検索意図(ニーズ)を、まずは正確に捉えることが大切ですね。

普段から「この記事はどんな読者のどんな悩みを解決するために書くのか」を、自問することが重要です。

 

それさえ意識できれば、あなたのブログは近い将来、多くのファンに支えられた有名ブログに育て上げることができるでしょう。

おめでとう!超有名ブロガーの誕生です!

 

早速、次のブログ記事から『読者の知りたいことってなんだろう?』というのを、真剣に考えてみてね!

 

 

 

最後まで読んでくれてありがとうございます。

この記事が「面白かった・役に立った」と感じたら、シェアをお願いします!

 

 

セールスコピーライター

伊津大輝



毎日更新の無料メルマガ配信中

今すぐ下記の画像をクリックして、無料でメルマガに参加してください

▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼