「黒い文章」「白い文章」読んでもらいやすい文章はどっち?

今回は、「黒い文章」「白い文章」という考え方をご紹介します。

今回の内容を意識して文章を書くだけで、読者に最後まで読んでもらえる文章を書けるようになるので、ぜひ最後まで読んでみてください。

黒い文章、白い文章って?

文章を評価するときに、しばしば「黒い文章」「白い文章」という表現が使われます。

たとえば、漢字がびっしり使われている文章は、全体的に余白が少ないため「黒い文章」と表現されます。白い文章は、その逆に空白が多い文章のことですね。

白い文章の方が読みやすい

ここで「黒い文章」と「白い文章」を見比べてみましょう。

黒い文章の例

文章の執筆時に、難読漢字や四字熟語を使用すると漢字が塊と化し、文章の可読性が低下します。

白い文章の例

文章を書く時に、難しい漢字や熟語を使いすぎると、漢字の部分が多くなってしまうので文章が読みにくくなります。

文章の意味はどちらも同じですが、ぱっと見で「白い文章」の方が圧倒的に読みやすいことが分かりますね。

まとめ

今回は「黒い文章」「白い文章」という言葉を使って、読みづらい文章と読みやすい文章の比較をしてみました。

webの文章をよく読者は基本的に「短時間で楽に正確な情報を手にしたい」と思っています。なので、スラスラ読める「白い文章」のほうが最後まで読んでくれる可能性が高いのです。

一通り記事を書き終えたら、改めて自分の文章を読み返してみてください。そして、文章を柔らかくすると(難読漢字→難しい漢字、など)、あなたの記事を読んでくれる読者が増えることでしょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です