ライターが絶対に「初心者です」と言ってはいけない理由

今回は、ライターが絶対に「初心者です」と言ってはいけない理由を解説します。

たとえ、あなたにまだライターの経験がなかったとしても、この言葉は絶対に行ってはいけません。

その理由をお伝えするので、この記事は必ず最後まで読んでみてください。

ライターが「初心者です」と言ってはいけない理由

なぜライターは「初心者です」と言ってはいけないのか?

それは、あなたに仕事を依頼する方の立場になればすぐに分かります。

もしもあなたが、ライターに記事に執筆を依頼するなら、次のどちらの人に頼みたいと思うでしょうか?

A:全力で取り組んで、メディアに貢献する記事を書きます!

B:ライターとしては初心者なので、良い記事が書けるか分からないですが、がんばります!

ライターとしての実力が同じくらいだった場合、Aのライターに仕事を頼みたいと思うのではないでしょうか?

ライターとして仕事をするなら「プロ意識」を持つべし

たとえ、あなたがライターとして初心者だったとしても、それは依頼者にとっては関係ない話です。経験があろうがなかろうが、お金をもらってライティングをする以上、あなたは「プロ」なのです。

であれば「初心者だから」と予防線を張るのではなく、プロ意識を持って全力で仕事に取り組むべきでしょう。

「初心者だから」という言葉は、失敗した時のための予防線です。

実際は色々なミスをすることもあるかもしれませんが、少なくとも意識としては「仕事を受けたからには、必ず結果を出す」と考えるべきです。

まとめ

今回は、ライターが初心者ですという言葉を使ってはいけない理由について解説しました。

話をまとめると「初心者に仕事を依頼したい人はいない」という点と「お金をもらう以上、プロとして活動すべき」という点が主な理由でしたね。

「初心者」と言い続ける限り、あなたが初心者から抜け出すことは一生できません。経験不足で実力がないのであれば、より一層「意識」だけはプロでいたいものですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です