読者の背中を押す「アフィリエイト成約」逆転の発想法

「アフィリエイトの記事を書いたけど、なかなか成約しない」とお悩みではありませんか?

そこで今回は、読者の目線に立って「なぜ成約しないのか」を解説します。

あわせて、読者の背中を一押しするアイデアも紹介するので、ぜひ最後まで読んでみてください。

魅力的な商品なのにクリックされない原因とは?

アフィリエイトの成約が出ない原因は、読者にオファーをしてしまっているからかもしれません。

オファーの例
  • こんなに良いサービスですよ!
  • このサービスを使うことで、こんな未来が手に入りますよ!
  • 期間限定でお得に使えます!

もちろん、アフィリエイトにこのようなオファーは欠かせません。しかし、それでもアフィリエイトの成約がないのであれば、逆の発想をしてみる必要があります。

押してダメなら引いてみよう

ここで考えて欲しいのは「なぜオファーをしているのに、読者が動いてくれないのか」です。

そもそも、読者が商品を購入してくれない理由には2つのパターンがあります。

読者が行動してくれない2つのパターン
  1. その商品、サービスの魅力の訴求が足りない(=オファーが弱い)
  2. その商品、サービスを購入するにあたって不安がある。(=リスク排除が弱い)

ほとんどのブロガーは、コピーライティングなどを勉強して、魅力的なオファーの記事を書いています。

しかし、読者の不安を解消する方向の内容が薄いことが多いのです。

リスク排除の例

たとえば、読者はこのような不安を感じているかもしれません。

読者が感じている不安
  • 商品はいいかもしれないけど、自分に合うのかな?
  • リンクをクリックして、変なサイトに飛んだら嫌だな
  • 勝手に課金されないかな?
  • 本当にこの商品が一番なのだろうか?
  • 登録に時間がかかったら面倒くさいな

などなど…

書き手からすれば「自分が優れた商品を紹介していること」は自明なので、読者がこんな不安を抱えているなんて考えもしません。

しかし読者目線に立ってみると、モヤモヤして今一つ購入に踏み切れないというケースが数多く存在します。

攻めのオファーだけではなく、癒し(読者の不安を解消する)のオファーも、積極的に取り入れましょう。

まとめ

今回は、アフィリエイトの成約率を高める逆転の発想を紹介しました。

極論を言えば、読者が買わない理由を全て潰すことができれば、読者は買う以外の選択肢がなくなります。(=購入に至る。)

ぜひ今回紹介した「逆転の発想」を活かして、自分のアフィリエイト記事の成約率を高めていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です