【初心者必見】無駄に文章が長くなってしまう原因と解決法を教えます!

今回の記事は少し長くなってしまったので、1分では読み終わらないかもしれません。

ただ、それだけ内容がぎゅっと詰まっているので、あなたのライティングスキルの向上に役立つはずです。

内容が薄くて無駄に長い文章は、読者にとって負担になるので、記事を最後まで読まれる前にページから離脱される可能性が高くなります。

そこで今回は、ライティング初心者にありがちな「無駄に文章が長くなる原因」を紹介するとともに、すぐにできる解決法をご紹介します。

スッキリとした伝わる文章を書くためにも、ぜひ今回の記事は最後まで読んでみてください。

文章が無駄に長くなる原因は「情報の整理不足」

まず文章が長くなる原因ですが、一番多いのは「書き手自信が情報を整理しきれていないこと」です。

よくあるのが、リサーチしてきた内容をそのままの言葉で記事にするパターン。たまに添削で「この文章は、つまりどういうことを言っているのでしょう?」と聞くと、答えられないという場面に出くわします。

自分が理解できていない内容を、読者に分かりやすく伝えることなんてできるはずないですよね。

「要約」で文章をスッキリさせよう

文章をスッキリと分かりやすくするためには、自分の文章を要約するという方法が効果的です。

つまり、自分の文章に対して「それってつまりどういうこと?」と投げかける。すると、その文章の枝葉を省いて、結局何が言いたいのかが明確になります。

文章の要約の例

要約前:痩せるためには、ホットヨガやウォーキングといった有酸素運動をすることで汗をかいたりしてカロリーを消費する方法と、炭水化物を抜いたり糖分を控えたりして摂取カロリー量を減らす方法があります。

↓つまりどういうこと?

要約後:痩せるためには、カロリーを消費する方法と摂取カロリー量を減らす方法の2つがあります。

要約前の文章は、説明がダラダラとされていて「結局何が言いたいのか」がよく分かりません。

一方で、要約後の文章は結論が明確なので、一瞬で「なるほどね」と読者に理解してもらうことができます。

カロリーを消費する方法や、摂取カロリーを減らす方法の具体例を紹介したい場合は、結論の後に持ってくると良いでしょう。

 

例)

〜痩せるためには、カロリーを消費する方法と摂取カロリー量を減らす方法の2つです。

カロリーを消費する方法の具体例としては〜などがありますね。など

まとめ

今回は、文章が長くなってしまう原因とその解決策をご紹介しました。

自分で理解しきれていない文章だと、要約をしようとしてもうまくいきません。(どこが要点なのかがわからない。)

その場合は、もう一度丁寧にリサーチをしたり、その分野についての勉強をしたりして、まずは「自分がその内容を理解する」ことが最優先になります。

今回紹介した「要約」をうまく使って、あなたの文章をダイエットさせてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です