【ライター必見】絶対に目標金額をクリアする案件の受け方

今回は、絶対に目標金額を達成する案件の受け方についてご紹介します。

ある程度案件を選べる中級者向けの内容ですが、今後ライターとしてやっていく際にも知っておいて損のない内容なので、ぜひ最後まで読んでみてください。

目標金額から受ける案件を選ぶ

自分が目標とする金額を確実に稼ぐためには、目標金額から逆算して受ける案件を選ぶことが大切です。

例えば、月に10万円が目標だとしましょう。

その場合、文字単価1円だと、月に10万文字を書けば目標が達成できることになります。

仮に1記事の指定が4,000文字の場合は、月に25記事書けば月収10万円。目標達成となります。

目標を抜きに仕事をすると、苦労する場合も…

逆に、目標を考えずに闇雲に案件を受けると、自分の首を絞めることもあります。

例えば、クラウドソーシングサイトなどで文字単価0.5円の案件ばかり受けていたらどうなるでしょう?

その状態で月に10万円を稼ごうと思ったら、4,000文字指定の記事を50記事書かなければいけません。不可能ではないですが、とても忙しい1ヶ月を過ごさなければいけませんね。

これでは月末に「あれ?今月はとても頑張ったのに、なんでこんなに報酬が少ないの?」とガッカリするハメになるでしょう。

こう考えると、目の前の案件を受けるのではなく「より高い案件を受注する」ための工夫をする必要があることがわかります。

まとめ

今回は、自分の目標金額を達成するための案件の受け方をご紹介しました。

先に目標金額を設定することで「文字単価いくらで、何文字の記事を、何記事書けばいいのか」が計算できます。

このように、どれくらい仕事をすればどれくらいの収入になるかが前もってわかっていると、精神的にとても楽になります。

ぜひ、目標を達成するために必要な数字(文字単価、文字数、記事数)を、計算してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です