【初心者向け】1記事に最適な文字数、ズバリ教えます。

今回は、ライティング初心者がよく悩んでいる「1記事に最適な文字数」について、ズバリ答えを教えます。

文字数の悩みはこの記事でスパッと断ち切って、一番大事な「記事の中身」に集中しましょう。

ライター初心者の人は、この記事を読んで「記事の本質」をぜひ持って帰ってください。

記事に最適な文字数、ズバリ教えます

答えを言うと、1記事に最適な文字数は「読者にとって必要な情報量を過不足なく伝えられる文字数」です。

要は、300文字で読者の「知りたい」に答えられるなら、300文字でもOK。逆に、1万文字書かないと伝わらないなら、1万文字でも書くべきということです。

そもそも記事を書く目的は、読者の悩みを解決することです。つまり、大事なのは内容の過多であって、文字数の過多ではありません。

どちらかといえば、短い文章の方が好まれる

ただ、大半の読者は「手っ取り早く自分の悩みを解決したい」というニーズを持っています。

なので、情報量に不足がない範囲内で、できるだけ文字数を減らした方が読者に喜ばれる記事になります。(同じ情報を得るなら1万文字よりも、1,000文字で理解できる方が楽。)

特に初心者は、本題とは関係のない内容を挟んだり、「〜したりするみたいなことができたりします。」のような回りくどい文章のせいで、文字数が多くなるケースが多いです。

こういった無駄な文章を(内容が変わらない範囲で)省くだけでも、文章が読みやすくなります。

まとめ

今回は、ライター初心者からよく質問される「最適な文字数」についての答えをご紹介しました。

大事なのは、文字数ではなくその内容であることを意識すれば、自ずと各記事の最適な文字数も掴めるかと思います。

ただし、ライターとして仕事をしている以上、依頼者からの要望には答えましょう。文字数2,000文字以上でと言われたら、その条件を満たした上で「読者のためになる記事」を書くことが必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です