【4つの学習タイプ】すべての読者を動かす文章テンプレート

読者が記事を読んだだけで満足してしまい、その記事で紹介した内容をなに一つ実行しなければ、読者の悩みや問題が解決されることは一生ありません。

なので、ブログ記事を書く時は、ただ読んでもらうだけではなく、記事の内容を実際に行動に移してもらう必要があります。

そこで、今回は読者を行動させる文章のテンプレートをご紹介します。

4つの学習タイプ

人は、なにかしら行動をする際の動機が4タイプに分かれると言われています。

人間の4つのタイプ
  • なぜタイプ:「なぜそれをやるべきなのか」が分かると、やる気になる人
  • なにタイプ:「なにをすればいいのか」が分かると、やる気になる人
  • どうやってタイプ:「どうやればいいのか」が分かると、やる気になる人
  • 今すぐタイプ:とりあえずやってみようと考える人

よって、これらの4タイプを全て網羅した文章を書くことで、どんな読者にも行動をしてもらえるようになります。

一番多いのは「なぜ」タイプ

個人個人がどのタイプに当てはまるかは違いますが、一番多いのは「なぜタイプ」と言われています。ついで「なにタイプ」「どうやってタイプ」「今すぐタイプ」の順です。

なので、文章の上から「なぜ→なに→どうやって→今すぐ(行動しましょう)」という順番で記事を書くと、どんなタイプの読者に対しても行動を促すことができるのです。

4つの学習タイプの文章例

4つの学習タイプを使った文章の例を紹介します。

この記事を読むことで、ブログからの収益が上がるようになりますよ。(なぜ)

ブログで収益を上げるためには「読者の問題を解決する」意識を持つことが大切です。(なに)

たとえば、読者がどのような問題を解決したくて、そのキーワードで検索したのかを考えると良いですね。(どうやって)

また、Yahoo!知恵袋などで、読者の悩みを直接リサーチするのも有効です。(どうやって)

このポイントを意識するだけで、ブログの収益化が近づきます。ぜひ次に書く記事では、今回の内容を意識してみてください。(今すぐ)

まとめ

4つの学習タイプは、なぜ〜すべきなのかという話から入る構成なので、ライティングでよく言われる「結論から言う」という構成ではありません。

なので、今すぐ結論を知りたい!という緊急性のある記事には向いていません。逆に、読者が消極的な文章(セールスの文章など)に使うのがおすすめです。

Webライティングというよりコピーライティングでよく使われるテンプレートですが、覚えておいて損はないでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です