【意外と知らない】Webライティングとコピーライティングの違い

ライティングの勉強をしていると「Webライティング」「コピーライティング」という言葉を聞くことがあるでしょう。

どちらもライティングに関わるスキルですが、実はこの2つには大きな違いがあります。

そこで現役のコピーライターでもあり、SEOライターでもある僕の視点で、両者の違いを解説します。

習得すべきスキルの優先度も紹介するので、ぜひ最後まで読んでみてください。

Webライティング・コピーライティングとは?

Webライティングとコピーライティングの一番の違いは「目的」にあります。

Webライティング(SEOライティング)は、集客。つまり、自分がターゲットとする読者を集めることが目的です。

一方で、コピーライティングは記事を読んでくれた読者に対して、行動を促すことが目的になります。(サービスの申し込み、購入など。)

まずWebライティングを学ぶべし!

この2つのスキルであれば「Webライティング」から習得するのが良いでしょう。

なぜなら、どれだけ成約率の高い記事を書くコピーライティングのスキルがあったとしても、その文章を読んでくれる人がいなければ意味がないからです。

どんな商品でも売れる凄腕の営業マンがいても、お客さんがいなければ誰にも商品を買ってもらえないというイメージですね。

つまり、最初にWebライティングを学んで、検索流入などでお客さん(読者)を集められるようになることが大切です。

読者が集まるようになって初めて、成約率(商品を買ってもらえる割合)を増やすための「コピーライティング」を学ぶ意味が出てきます。

まとめ

同じライティングのスキルでも「Webライティング」と「コピーライティング」では、その目的が異なるという話でしたね。

とはいえ、Webライティングのノウハウが商品の購入につながることもあれば、コピーライティングのノウハウが集客に役立つ場合もあります。

ただ、どちらかといえば「Webライティング(=集客)」の方が優先度が高いので、まず習得するなら「Webライティング」から勉強することをお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です