【努力不要】一瞬でライティングが爆速になる方法を特別に公開します!

ライターの相談に乗っていると、よく「ライティングスピードを上げるにはどうすればいいですか?」という質問をされることがあります。

もちろん、効率的な記事の書き方を学ぶことでもスピードアップはできますが、実はもっと良い方法があるんです。

今回は、僕の失敗談から生まれた「努力不要で強制的にライティングが爆速になる方法」を公開します。ぜひ最後まで読んでいってください!

【今日の出来事】メルマガを爆速で書き終えた事件

僕が所属している会社では、毎週メールマガジンを配信しています。

今週は僕がメルマガを執筆する担当だったのですが、実はそのことをすっかり忘れていたんです。

メルマガを書かなければいけないことに気づいたのは、配信予定時刻の40分前…

ちょうど、僕が普段メルマガを作るのにかかる時間が平均40分くらいなので、まさにギリギリだったわけですが、火事場の馬鹿力を発揮して「25分」でメルマガを書き終えることができました。

(クオリティには一切妥協をしていない…はず。)

なぜ40分かかるメルマガを25分で書き終えられたのか?

メルマガを短時間で書き終えられた理由は「物理的な締め切り」が迫っていたからです。

もし、前もってメルマガを書いていたら、同じ内容を書くのに40〜60分くらいかかっていたことでしょう。

いわゆる「鍛冶場の馬鹿力」というやつですね。

自分で決めた制限時間はなかなか守れない…

僕は普段、ブログの記事を書く時も「1時間で書こう」のように制限時間を決めています。

でも、自分で定めた時間だと、多少オーバーしても問題ないことが多いので、時間を守れないことも多いです。

でも、今日みたいに物理的に「〇時までに書かないと!」という締め切りがあると、絶対にオーバーできないので、強制的に集中力がギュンギュン高まるんですよね。

物理的な時間制限の例
  • 朝、仕事で8時に家を出るなら、7時からの1時間で、記事の本文を書き上げる。
  • ランチ後のお昼休憩の残りで、朝書いた記事の仕上げを行い、記事を公開する。
  • 19時に友達とディナーに行くなら、17時からの2時間で1記事を仕上げる。

まとめ

今回は、僕の失敗を挽回する過程で発見した「強制的にライティング速度を上げる方法」をご紹介しました。

時間ギリギリで取り掛かるという姿勢は反面教師にしてほしいところですが、物理的な締め切りを設けるという工夫は、是非一度試してみてください。

ライティングスピードを上げる方法はいろいろありますが、なんだかんだこのように「追い込まれた環境」に身を置くのが一番だったりします。笑

ただし、爆速で書いた記事はどうしても雑な部分が出てきてしまうので、最後の見直し、微調整はしっかりやりましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です