【初心者必見】絶対に話が逸れないワンランク上の記事構成法

「記事の構成を作っているけど、記事を書いている途中で話が逸れてしまう」とお悩みの方はいませんか?

本文を書いている途中で「やっぱ、この話も入れたい」と内容を追加していって、気づいたら話が逸れている…というケースはよくあります。

そこで今回は、絶対に話が逸れない「記事構成の作り方」をご紹介します。

たったワンポイントで、記事の軸がカチッと固まるので、ぜひ参考にしてみてください。

記事構成は見出し+箇条書きで作るべし

記事を書く前に「見出し」をしっかり決める人は多いですが、見出しだけだと、意外と話が逸れがちです。

そこでおすすめなのが「見出し+箇条書き」の2段階で、記事構成を作る方法です。つまり、その見出しで伝えたい内容をざっくりと箇条書きで書き出すということです。

たとえば、今あなたが読んでいるこの見出しだと、以下のような形ですね。

見出し+箇条書きの例

見出し:記事構成は見出し+箇条書きで作るべし

  1. 大抵の人は、見出ししか作らない
  2. 見出しに加えて、箇条書きも書いておくと、話が逸れなくなる
  3. (この見出しの内容で、具体例を紹介)

上記の箇条書きと、この見出しの本文を見比べてみてください。

若干、言葉が変わっている部分はありますが、大体箇条書きで決めた流れで、記事本文が展開されていることがわかるでしょう。

このように、見出しだけでなく、その見出しで伝える概要も前もって決めておくと、より記事の全体像が具体的になるので、一貫した記事が書けるようになります。

まとめ

今回は、ライティング初心者にありがちな「執筆中に話が逸れる問題」の解決法をご紹介しました。

箇条書きを作るのが難しかいと感じる場合は、自分自身でも「記事の話の流れ」が曖昧になっている可能性が非常に高いです。

自分自身で整理できていない内容を、理路整然と文章にすることはできません。

その際は、あらためて「この見出しで伝えたいことは何か」という要点を自分に問いかけてみると良いですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です