【まるで尋問…】読者に嫌われる文章の特徴とは?

今回は、意外とやってしまっている人の多い、読者が「尋問されてる?」と感じる文章の特徴を紹介します。

このような文章を書いていると、読者はだんだん読むのがしんどくなって、すぐに記事から離脱してしまいます。

この記事の内容を読んで「やってはいけない文章の書き方」をやってしまっていないかをチェックしてみましょう。

読者に嫌われる文章の特徴

結論から言うと、読者に嫌われる文章とは「疑問文が連続する文章」です。

疑問文を連続させると、読者は「詰められている」ように感じます。

リアルの会話でも、一方的に質問責めにされたらうんざりしてきますよね。

文章の場合は、相手の反応が見えないので、余計に質問責めをしてしまう傾向が強くなります。

質問責めにしてしまう文章の例

説明するより、体感した方が早いので、以下の例文を読んでみてください。

あなたは文章を書く時に、このようなミスをしてしまってはいませんか?

このような文章を書くと、読者にうんざりされてしまうということを知っているでしょうか?

どうせ記事を書くなら、読者が最後までしっかり読んでくれる方が嬉しいですよね?

そんな正しい文章の書き方、知りたくないですか?

これはちょっと極端な例ですが、疑問文を連続させると「質問責めにされている気分」になることが体感できたのではないでしょうか。

まとめ

今回紹介したように疑問文を連続させると「尋問されている」という印象を読者に与えてしまいます。

ただし、疑問文自体は、読者を記事に引き込む立派なテクニックです。単体で使う分には効果的な手法なので、積極的に使っていくと良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です