【読了率アップ】読者を引きつける「呼びかけ方」のコツとは?

今回は、読者に刺さる文章を書くための「初歩的なコツ」をご紹介します。

今日お話しする「コツ」を知っているかどうかだけで、読者の反応が大きく変わるので、ぜひ最後まで読んでみてください。

反応が高くなる「読者への呼びかけ」

結論から言います。読者へ呼びかける際は「みなさん」ではなく「あなた」という言葉を使いましょう。

確かに書き手からすると、記事は不特定多数の人に向けて書きます。しかし、読者からすれば、その記事を読んでいるのは「自分だけ」なのです。

なので「あなた」という二人称の呼びかけをした方が、読者は「自分に向けて書かれた記事だ」と感じて、記事に興味を持ってくれるようになります。

ターゲットを絞る方が反応が取れる

以下の例文を読み比べてみてください。

  • 皆さんは普段、どのような手順で記事を書いていますか?
  • あなたは普段、どのような手順で記事を書いていますか?

たとえ、文章の内容が同じだったとしても「あなた」という言葉を使った方が「自分にって役立つ情報かも!」と感じるのではないでしょうか?

普段の会話でも、複数人に向けて話している内容(講演など)よりも、1対1で話をしているときの方が、注意深く話を聞きますよね。

まとめ

「皆さん」ではなく「あなた」という言葉を使いましょう。このテクニックは、コピーライティングを勉強する際に、最初の方に教わります。

文章の内容は変えなくても、呼びかけ方を変えるだけで、反応が大きく変わるのです。

もしこれまで「皆さん」を使っていた人は、この機会に「あなた」という呼びかけに変えてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です