【稼ぐライターVS稼げないライター】たった一つの考え方の違いとは?

今回の記事では「稼げるようになるライターと、稼げないライター」の考え方の違いについてシェアします。

同じスキル、同じ努力量でも、この考え方の違いで「成功するかどうか」が決まります。

今後ライターやブロガーとして収入を得ていくなら、必ず最後まで読んで「稼げるライターの思考」を手に入れてください。

稼げるライターは成功を前提にしている

結論から言います。稼げるライターは成功を前提に考えをめぐらせています。逆に、稼げないライターは「成功できるかどうか」ばかり考えています。

気持ちは分かりますが、成功するかどうかについて、いくら考えても答えは出ません。結果はやってみなければ分からないのですから。

つまり、成功するかどうかを考えても意味がないんですね。

それなら根拠がなくても良いので「自分は成功する」と決めてしまい、そのために何をするかに頭を使った方が生産的です。

自信がないライターにおすすめのワーク

ただ、根拠のない自信を持てるかどうかは個人の性格にもよるでしょう。

どうしても自信を持つのが苦手という人は、以下のワークをやってみましょう。

「自信がない…」から抜け出すワーク

「自分が成功できないと考えている原因を書き出す」

たとえば「ライターを始めたばかりでスキルがないから」と書いたとしましょう。ここまで分かれば、この原因を解決する方法もすぐに浮かびますよね。

「たくさん仕事をして、実績を身につける」ことと「ライティングスキルを身につける」ことです。

このように一つ一つ棚卸しをしていくと、漠然とした不安の根本的な問題を探し当てることができます。

まとめ

話をまとめると、稼げないライターは「自分でコントロールできないこと」に焦点を当ててしまっています。

一方で稼げるライターは「どこが問題なのか」を具体的にして、自分でコントロールできる問題に絞って頭を使います。

同じ「考える」なら、生産性のある思考をしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です