【これだけでOK】読者の深いニーズを暴くキラーワード

今回の記事では「読者のニーズにも浅い深いがある」というテーマを解説します。

もちろん、深い読者ニーズを探り当てた方が、読者に刺さる文章を書くことができます。ニーズを深掘りする方法も紹介するので、ぜひ最後まで読んでみてください。

読者ニーズの深さの比較

たとえば副業系の記事はまず間違いなく「お金が欲しい」という読者ニーズがあります。これもニーズではありますが、考えが浅いです。

逆に深い読者ニーズとは「お金を得ることで何がしたいのか」に焦点を当てたニーズのことです。

深い読者ニーズを探り当てる方法は「それはなぜ?」という質問を繰り返すこと。この質問を繰り返すたびに、そのニーズの本質に近づくことができます。

「お金が欲しい」というニーズの深掘り

前述した「お金が欲しい」というニーズに対して、「それはなぜ?」という質問を当ててみましょう。すると、以下のようなより具体的な欲求が見えてきます。

なぜお金が欲しいの?
  • 快適な生活をしたい
  • お金がないという不安から逃れたい
  • 周りから認められたい、尊敬されたい
  • 彼女との結婚資金を貯めたい
  • 両親に恩返しをしたい

同じ「お金が欲しい」というニーズでも、深掘りをすることでさまざまな方向性があることがわかります。

たとえば「快適な生活をしたい」というニーズであれば、もっとお金を稼ぐ方法といった話の方が響くでしょう。逆に「不安から逃れたい」というニーズがある読者には「節約の仕方」といった内容の方が響く可能性が高いです。

まとめ

読者のニーズを深掘りすればするほど、読者にピンポイントに刺さる文章になるので、強烈なインパクトを与える記事を書くことができます。

「それはなぜ?」という質問をぶつけるだけで深いニーズに辿り着けるので、次に記事を書く時はぜひ実践してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です